そとねこ病院 HOME

新潟市にて、野良猫や地域猫などの飼い主のいない猫たちの不妊手術に協力している病院です。

記事一覧(44)

トリモチ!

昨夜、北海道で大きな地震が発生しましたね😢私は大学の青春時代を札幌で過ごし、とても大好きな街なので心配です💦どうか人も動物たちもご無事でありますように…。先日、知り合いのボランティアさんより、「トリモチにくっついた子猫を保護した、取り方を教えてほしい❗️」と、ご連絡がありました💡ちょうど良い機会なので、トリモチの取り方をご紹介します🙇‍♀️〈用意するもの〉・小麦粉・油(市販のサラダ油やオリーブ油でOK)・食器用洗剤・猫用シャンプー…なんか料理みたいですが😅〈手順〉①トリモチのベタベタで周囲のゴミ等がさらに付くのを防ぐため、小麦粉をまぶす。(粘着度合いがそんなにひどくなければ、実施しなくてもOK)②油をトリモチになじませ、少しずつ溶かしていく。③トリモチのベタベタが溶けて油まみれになった猫を、食器用洗剤で洗う。(食器用洗剤は猫用シャンプーよりもよく油を落としてくれますが、目や鼻に入らないよう注意!)④猫用シャンプーで洗う。(食器用洗剤で洗っただけだと毛がバサバサです)トリモチにくっついてしまう猫さんは、ほとんどが小さな子猫です🐱ただでさえ体力のない子猫さん、トリモチにくっついたままお外にしばらくいた後は、かなり弱っていることが多いです😱上記の処置をする際は、以下の点に気をつけてください⚠️〈注意点〉①子猫はただでさえ低体温になりやすいです❗️シャンプーの際は冷えないようぬるま湯で洗い、その後しっかり乾かしてください💡②食器用洗剤や油は、目や耳、口の中などに入らないようお気をつけください🛁③トリモチでくっついたゴミなどは、無理に引っ張って剥がさないでください🆖子猫の皮膚は、かなり薄く弱いです💦毛が長い場合はハサミで毛を切るのもOKですが、間違って皮膚を切ってしまう事故が多いので気をつけてください✂️上記の処置は、猫さんにとってかなり疲れるものです😿特に猫が弱っている場合は一度で無理に取ろうとせず、状態によっては病院で処置を受けてください🙇‍♀️