そとねこ病院 HOME

新潟市にて、野良猫や地域猫などの飼い主のいない猫たちの不妊手術に協力している病院です。

記事一覧(40)

トリモチ!

昨夜、北海道で大きな地震が発生しましたね😢私は大学の青春時代を札幌で過ごし、とても大好きな街なので心配です💦どうか人も動物たちもご無事でありますように…。先日、知り合いのボランティアさんより、「トリモチにくっついた子猫を保護した、取り方を教えてほしい❗️」と、ご連絡がありました💡ちょうど良い機会なので、トリモチの取り方をご紹介します🙇‍♀️〈用意するもの〉・小麦粉・油(市販のサラダ油やオリーブ油でOK)・食器用洗剤・猫用シャンプー…なんか料理みたいですが😅〈手順〉①トリモチのベタベタで周囲のゴミ等がさらに付くのを防ぐため、小麦粉をまぶす。(粘着度合いがそんなにひどくなければ、実施しなくてもOK)②油をトリモチになじませ、少しずつ溶かしていく。③トリモチのベタベタが溶けて油まみれになった猫を、食器用洗剤で洗う。(食器用洗剤は猫用シャンプーよりもよく油を落としてくれますが、目や鼻に入らないよう注意!)④猫用シャンプーで洗う。(食器用洗剤で洗っただけだと毛がバサバサです)トリモチにくっついてしまう猫さんは、ほとんどが小さな子猫です🐱ただでさえ体力のない子猫さん、トリモチにくっついたままお外にしばらくいた後は、かなり弱っていることが多いです😱上記の処置をする際は、以下の点に気をつけてください⚠️〈注意点〉①子猫はただでさえ低体温になりやすいです❗️シャンプーの際は冷えないようぬるま湯で洗い、その後しっかり乾かしてください💡②食器用洗剤や油は、目や耳、口の中などに入らないようお気をつけください🛁③トリモチでくっついたゴミなどは、無理に引っ張って剥がさないでください🆖子猫の皮膚は、かなり薄く弱いです💦毛が長い場合はハサミで毛を切るのもOKですが、間違って皮膚を切ってしまう事故が多いので気をつけてください✂️上記の処置は、猫さんにとってかなり疲れるものです😿特に猫が弱っている場合は一度で無理に取ろうとせず、状態によっては病院で処置を受けてください🙇‍♀️

出産直前猫の手術に関する大事なお知らせ

先日の暖かさは何処へやら、この数日は雨続きで寒い新潟です☂️そんな中でも着実に季節は春に突入しており、明日にも出産しそうなお腹パンパンのメス猫が毎日いらっしゃいます💦そんな出産直前のメス猫さんの手術に関する大事なお知らせがあります🙇‍♀️出産直前の猫さんの子宮は、育ちきった子猫と多量の血液を含んでおり、お腹の中の3分の1ほどを占める大きな臓器となっています。この血液がパンパンに含まれた大きな臓器を手術で一気に取り出すことは、大きな血圧変動や貧血を招きます。そのため、出産直前の猫さんの不妊手術は、妊娠していない猫さんに比べてリスクがとても高いです。そのため、通常は術後日帰りでお返ししておりますが、そのような状態でリスクが高いと判断した猫さんに関しては、1泊お預かりさせていただきます。お迎えの都合等々あるかと思いますが、出来るだけ猫さんの体調を優先したいと思っております。どうぞご理解の程よろしくお願いいたします。(HPのトップページにも同様のお知らせを記載させていただきます。)アメリカでのあるデータによると、TNR病院での死亡率は0.4%だそうです。(クリニック内での死亡0.2%+安楽死0.2%)残念ながら、当院でも同じくらいの死亡率となっています。十分に静脈点滴をして術中もしっかりモニタリングして…とすれば、リスクを下げることは出来ます。しかしそうすると、今の値段・今のペースで手術をし続けることはできません。また、こうした出産間近の猫さんの堕胎をすること自体にも、賛否両論はあると思います。こうした猫さんの手術を断る病院様もあり、それも一つの選択肢だと思います。何が正解なのか、それは私にもわかりません。ただ、自分が正しいのではと思うことを精一杯やっていきたいと思っております。設備面などで劣るTNR病院では、死亡率をゼロにすることは難しいと思います。しかし、出来る限りゼロに近づける努力はし続けたいと思っております。今回の1泊お預かりの措置も、そうした努力の一つと受け止めていただけると幸いです。ご理解の程、どうぞよろしくお願いいたします🙇‍♀️※参考論文J Feline Med Surg. 2006 Aug;8(4):279-84.Population characteristics of feral cats admitted to seven trap-neuter-return programs in the United States.Wallace JL1, Levy JK.